我が家の防犯対策

我が家は一戸建ての住宅で、近所のお宅で空き巣被害にあったところがあるので、防犯対策には特に気を配っています。窓には防犯フィルムを貼り、備え付けの鍵のほかに、ストッパーのようなものをつけています。

庭に植えてある樹木は、ある程度見通しが良く、人が隠れるスペースがないように剪定してもらっています。二階に上ることができないように、梯子は鍵をかけた物置にしまっています。また、家の裏にはトタンのような、歩くとバタバタと音が出るような板を敷いています。

犬を飼っていましたが、亡くなってしまったことがあまりに悲しく、それ以来飼っていません。夜になったら、門の周りには、人影を察知して灯りがともるようなライトを取りつけています。

防犯対策には少しお金がかかりますが、何かあってからでは遅いので、いつも気を配り、しっかりと対策を取るようにしたいと思います。

防犯対策の基本はホームセキュリティと防犯意識

家の防犯対策といえばホームセキュリティの「セコム」でしょ。といいたいところですが、残念ながらホームセキュリティはそこそこ費用が掛かってしまうので我が家では導入していません。そんな我が家で気を付けているポイントをいくつか挙げさせていただきます。

まずはなんといっても郵便受けをパンパンにしない事。これは一戸建て、集合住宅に関わらず絶対に押さえておきたいところ。「不在が多いですよ」とアピールしているようなものです。

安価な対策を手数でカバー。砂利を敷いたり、番犬注意のステッカーを貼ったり、ダミーカメラやダミー鍵穴を付けるなど泥棒にリスクを感じさせる工夫は効果的だと思います。

有効だけど面倒くささもあるのが「ご近所づきあい」
遠すぎず近すぎずの関係が築ければ最高なのですが、近すぎると別の心配事が出来る可能性もありですね。

ガラスを割られて進入されないような対策も欲しいところ。防犯フィルムなら安価に購入可能ですし、施工も難しくありません。出来れば、ではなく必ず貼っておくことをオススメします。

結局のところ、油断が一番の大敵なので常に防犯意識を持ってターゲットにならないように心がけてください。

ハリボテ防犯カメラの有効性

一軒家を購入するとやっぱりセキュリティが気になりますよね。

SECOMとかと契約すれば一番手っ取り早いんですが、さすがに毎月毎月料金を払うだけのゆとりもないので、もっと簡単のがいいなぁと思い、ぱっと思いついたのが防犯カメラ。

ただ、本物を設置するとなるとそれこそ凄い料金取られそうなので、ハリボテの防犯カメラなんかどうかなぁと。

でもあれって本当に効果あるんでしょうか?

もう防犯カメラというものが世に出てかなりの年数がたつので、家電等と同様、かなりの進化を遂げているのだとは思うのですが、逆にドロボウのほうもハリボテかそうじゃないかを見極めるだけの力がかなりついてきているのではないかなぁと思ったり。

実際に効果があるのか検証できないですからね。

「うちは毎年ドロボウに入られていたんですが、ハリボテの防犯カメラ設置した年からドロボウに入られなくなりました」なんて体験談あるわけないし。

いま設置しようかどうか真剣に悩んでいます。
詳細はこちら

コメントを残す